2017-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボチボチ。。。

昨年の5月4日に最愛の母が亡くなってからあっという間に1年が経ってしまいました。

30年近くも生活の軸が母だったのでどうしたものかと思っていましたが今はそれなりに淡々と過ごしてます。

で、そろそろブログを再開しようかと思っています。
(時々、つぶやいたりはしてましたが。。。)

それに当たり、プロバイダーをso-netに変更したのでブログもso-netにしようかと。

今までのブログすべてをお引越ししようと思いましたがなかなかうまくいかないので今までのはそのままにして新たにso-netでブログを始めることにしました。

宜しくお願いします。

新・徒然-栃麺坊

http://tochimenbou.blog.so-net.ne.jp/

スポンサーサイト

あれから26年・・・

1985年6月5日

今から26年前
母は50歳という若さで脳溢血で倒れました。

一命は取り留めたものの左半身に麻痺が残りました。

また切れた場所が悪かったのか麻痺した左半身に視床痛というかなりの頑固な疼痛が起こる後遺症でいまだに苦しめられています。
(これがまた痛み止めがいっさい効かないんですよ。)

その後もいろんな病気を発症し入退院を繰り返しそれでも70歳の声を聞くまで歩いていたし何でも頑張って自分のことは自分でやってました。
そんな母も今では要介護4です。

その70歳になる頃、例の視床痛の痛みがMAXになり痛くてどうしようもないので気を紛らわすため杖をつきながらひたすら歩き回り体を壊してしまいました。
痛みが取れるという手術をしたり痛みが緩和されるという安定剤を飲んだりしましたが母にはまったく効きませんでした。
それどころか精神的には悪影響。
体の動きもだんだん鈍くなっていきました。
その頃から家庭内も険悪。
家族中の精神状態も限界を超えいつ事件が起こってもおかしくない事態に。

そんな時これではいけないと私は今も月に2度通っている映画の講座へ。
外の世界が見たかったんですね。
いつの頃からか親戚とも友人とも距離を置き疎遠になっていました。
下手すると会話するのが家族かお医者さんか看護師さんか時折近所の人。。。そんな感じの年もありました。
心が荒んでたんでしょうね。
でも、その映画の講座に通うようになって勿論最初はオドオドしてましたが優しくパワフルな皆さんに凝り固まった心を解していただき気持ちを外に向かせていただき楽になっていくのを感じました。
背伸びして背伸びして少しでも追いつきたいと必死でした。

そんな時、学生時代の友人の死。
友人の中でもいちばん死から遠そうな彼女が・・・ショックでした。
彼女のお葬式で自分から距離を置いていた友人たちとの再会。
もし映画の講座に行ってなかったらきっとお葬式に出席する勇気は無かったと思います。
約10年ぶりくらいに会った皆は変わりなく接してくれました。
ありがたかったです。

介護生活も20年を迎えようとした時、とうとう家族だけの介護に限界がきて当時のケアマネさんに相談。
ケアマネさんに“やっと相談してくれましたね。”って言われちゃいました。
どうやら家族だけでってバリアを張ってたようです。
そして、信頼できる介護施設との出会い。
デイに通うなんて無理だろうと思っていた母がすんなり通ってくれ今ではショートステイまで。
最初の1,2年は施設との距離感や生活サイクルに慣れるまできつかったですが家族だけで抱え込んで苦しんでいた時がほんと嘘のよう・・・。

今の介護施設にお世話になってからも相変わらず痛みはあるし病気は増えるし骨折するし、施設内でもなんだかゴタゴタがあったり。。。
それにそろそろ父も80歳に手が届きそうですしね。
私もお散歩、入浴トイレ介助、夜中の諸々介助でもうヘロヘロですがどうにか介護をこなせるのも今の介護施設のおかげです。
いろいろと楽しむ時間も出来ましたしね。

本当にいろんな出会いに感謝です。
そして黙って施設に通ってくれる母にも感謝です。

介護をされている方、どうか家族だけで抱え込まないでください。
きっときっと道は開けます。

さあ、明日から27年目。。。
これからも気長に頑張りますぞ~。

気管支拡張症。

いや~一昨日の夜から昨日の朝にかけてちょっぴり緊張が走りました。

昨年末から痰に血が混ざってた母。

舌が切れてそこからの出血よと母が言いますし何もしなくてもすぐ止まるのでそれほど気にもしていませんでした。

そんなことが1ヶ月に1回ほど続き。

今年2月。

ショートステイ先でまた起こったからさあ大変。

どうも舌だけの出血ではないらしい。

もしかして結核?と大問題に。

最近、結核が増えてるんですってね。

でも、そんなに咳してないし微熱もないし食欲あるし顔色いいし。

とにかく痰の検査とレントゲン。

どちらも白。

そしたらどこから???

最悪なことを考えてしまいます。

大きな病院でMRIを撮ってもらってそれも白。

で、結果わかったのが気管支拡張症。

気管支の粘膜が炎症を繰り返し、気道壁が硬く拡張したままの状態になってる病気で咳や痰が続き、痰に血が混じることがあるそうなんです。
最近、中高年の女性に患者が多いそうです。
血が出たりするけれど命にかかわる病気ではないそうです。

治療は、出血や炎症を抑える薬や痰を切る薬を飲むこと。気管支からの出血が激しい場合、手術をすることもあるそうです。

まあ命にかかわらないのでひと安心ですが、口から血が出るって心配ないといわれても心配しちゃいますよね。

ことにうちの母、血液サラサラになるお薬を飲んでるせいか血痰を通り越して喀血!?の体。

それでも出血が1,2回ほどで自然に止まるのでよかったんですけど一昨日の夜から昨日の朝にかけてはかなりの量。

ほとんど眠れず私も母もちょっとうろたえちゃってへかかりつけのクリニックへGO。

クリニックに行って先生とお話しして検査してもらったりしているうちに母も落ち着いてきて険しい顔が柔和な顔に戻りました。

いやいや、4月に何事も無かったので気を抜いてました。。。反省。

しかし、世の中にはいろんな病気があってそれぞれ闘ってるのだと改めて思いました。

シネ・リーブル博多駅閉館。。。

シネ・リーブル博多駅、5月閉館へ-大型シネコン進出で見通し立たず
 
「博多バスターミナル(旧福岡交通センター)」(福岡市博多区博多駅中央街)7階の映画館「シネ・リーブル博多駅」が5月13日で閉館する。同館を運営する東京テアトル(東京都中央区)が3月25日、発表した。
同館は1999年5月1日に開業。日活が運営していたが2009年4月より、東京テアトルと業務提携を開始した。アート系作品を中心に上映し、年間で約6万人を動員していた。
同社広報担当者は「年間での大幅な動員数の減少はないが、JR博多シティには大型シネコンも開業し、将来的な見通しが立たない」と閉館を決めたという。4月30日~閉館までクロージング企画を行う予定。
同じくミニシアター系では2009年、親富孝通りの「シネテリエ天神」が休館。成人向け映画館として再出発したが、昨年10月に閉館している。(博多経済新聞)


シネ・リーブル博多駅


JR博多シティが出来るとわかってからずっと不安に思ってきたこと。

やっぱり的中しちゃいました

でも収支は今のところ黒字。

経営悪化を予想しての閉館って

いや~全然客層が違うので関係ないと思うけど。

私がここ4,5年のうち名作と思って観た映画はほとんどがシネ・リーブル博多駅なんだもん。

座席80と座席57のちっちゃな映画館。

最初は“えっ、ここ?”と思ったりもしたけど今じゃとっても居心地がよくてね。

『ユメ十夜』みたいなダメダメ映画もあったけど

『善き人のためのソナタ』『さくらん』『ラスト、コーション』『ダージリン急行』『地上5センチの恋心』など映画もサントラも大好きな映画たち。

『迷子の警察音楽隊』『トゥヤーの結婚』『1978年、冬』など絶対大型シネコンで上映されるはずないし。

邦画の佳作『ぐるりのこと。』『歩いても歩いても』『南国料理人』そしてラブリン主演の『築城せよ』まで。

素敵な映画揃いだったけど私が行ってて満席だったのは『ぐるりのこと。』一作だったな。。。

この手の映画って今度からどこで観たらいいんだろう。

TNCパヴェリアやシネテリエ天神もなくなっちゃったし・・・あとはKBCシネマに頑張ってもらわねば。。。

ソラリアシネマは駄目かいな。。。

最近はちょっと映画から遠ざかってるけど何作か気になる作品があるので閉館するまでに足を運んでみようかな。

シネ・リーブル博多駅
http://www.ttcg.jp/cinelibre_hakataeki/

今日はまことさんの一周忌

今朝は私にとってのビッグニュース(悪いほうの…)でとっちらかってましたがようやく落ち着きました。

まだ、ラブちゃんのコメントは出てないですが何か悪意を感じる記事ですね。

確かに記事にあるようなことがあるのかもしれないけれどラブちゃんは養子の身。
なかなか難しいのかもしれません。
でも、多分あの立場でいろいろお話があっただろうに38歳まで独身(もしかしたら結婚してるかもしれないけど)を貫いたということはきっと本物!
まずはラブちゃんのちゃんとしたコメントを待ちましょう。

一方、福助さんも何やらトラブル。

こちらも何とも言えませぬ。。。

いやいや、本題

今日は藤田まことさんの命日。

早いものであれから1年経っちゃいました。

テレビでいろいろとドラマが再放送されているので亡くなったなんて今だまったくピンときません。

まだお別れの会もないですよね。

周りのみなさんもきっとまだ区切りがついてないはず。

必殺や京都殺人案内…はぐれ刑事に剣客商売と新作は見れないものの主水や音やん…安さん、小兵衛にいつでも会うことが出来る。

けど、どうしても会えないのが舞台「その男ゾルバ」のゾルバ。

まことさんのゾルバがどうしても見たい!!

いつかきっと博多座でお目にかかれると思ってたのに。。。

この舞台は芸術選奨文部大臣賞も取ったのだけどどこかの局が録画とかしてないのかな?

最近はオリジナルバージョンのサントラCD(アンソニー・クインのやつ)を購入して聴きまくってます。

がしかし、聴けば聴くほどまこと版の舞台が観たくなる。歌が聴きたくなる。

まことさんのゾルバ。市原悦子さんのオルタンス。上月晃さんのリーダー。絶対、本家よりいいって!

こんなにいい舞台、どうぞTVもしくはDVDで。。。そしてサントラ盤で皆さんに。

関係者の方~~~宜しくお願い致します<(_ _)>


その男ゾルバ


Zorba (1983 Broadway Revival Cast)Zorba (1983 Broadway Revival Cast)
(1995/11/07)
Various

商品詳細を見る

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

フリーエリア

読書カレンダーBLACK

Powered By 読書カレンダー

プロフィール

篠田正浩監督と岩下志麻さんの大ファンです。 ほかにも藤田まことさん、中村嘉葎雄さん、田村高廣さん、近藤正臣さん、片岡愛之助さん、津嘉山正種さん、セバスチャン・コッホ、パトリック・デンプシー、レニー・ゼルウィガー、カトリーヌ・フロが好きです☆ミ
趣味:映画・演劇鑑賞、読書、美術館巡り、国内旅行
好きなキャラ:ばいきんまん、ニャンちゅう、ダヤン、みかん、わるもの、しばわんこ
好きなマンガ(絵本):タッチ、みかん絵日記、ルドルフとイッパイアッテナ
好きな映画: 『あかね雲』『心中天網島』(篠田正浩監督作品) 『魔の刻』『別れぬ理由』(降旗康男監督作品) 『必殺!III 裏か表か』(工藤栄一監督作品) 『午後の遺言状』(新藤兼人監督作品) 『泥の河』(小栗康平監督作品) 『早春物語』(澤井信一郎監督作品) 『異人たちとの夏』(大林宣彦監督作品)『善き人のためのソナタ』
好きな歌手:YMO、細野晴臣、高橋幸宏、鈴木慶一、ムーンライダーズ、サディスティック・ミカ・バンド、ビートニクス、はっぴいえんど、はちみつぱい、やしきたかじん 好きなサウンドトラック:『善き人のためのソナタ』『ラスト、コーション』『ダージリン急行』『出口のない海』『最後の初恋』『座頭市』『転々』

Author:栃麺坊
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の出来事 (4)
雑記・ひとりごと (10)
篠田さん・志麻さん情報 (45)
藤田まこと (3)
本・雑誌 (3)
ドラマ (1)
歌舞伎・舞台 (7)
篠田さん・志麻さんのこと (4)
映画 (3)
素敵な男性(ひと) (3)
お気に入り (2)
訃報 (2)
展覧会・講演会・イベント・講座 (8)

FC2カウンター

くろックCute DC01

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
101877位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21607位
アクセスランキングを見る>>

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。