2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩下志麻と篠田正浩

今日は待ちに待った【岩下志麻と篠田正浩】の日。

心配していた雪もどうにか大丈夫でした。

西村先生の映画の講座に通い始めて8年弱。
篠田さんの作品や志麻さんの作品が扱われることはありましたがお二方の人となり、作品について詳しく伺うことができる日が来るなんてほんとに夢のようです。

本日は先生が以前('81)志麻さんにインタビューされた記事とNHK-BS2で放送された番組「篠田正浩 映画、時代、わが日本探検 映画を通して探ってきた青春、時代、文化、日本」(1996年1月2日) そして志麻さんが篠田さんの引退時に撮られた「わが心の『スパイ・ゾルゲ』」を中心にお話しになりました。

不覚にも私…このNHKの番組存じませんでした(涙)
(オンデマンドで探したけどありませんでしたorz)

うふっそれにしても篠田さんはいつも饒舌です。

一度でいいから篠田先生の講義を拝聴したいです(この3月には早稲田の特命教授を退官されるんですよね)

流れた映像は『乾いた湖』『乾いた花』『暗殺』『処刑の島』『心中天網島』『沈黙』『卑弥呼』です。
う~ん、『あかね雲』見たかったです。

西村先生と篠田さんは歳の開きはかなりありますが同じ早稲田大学文学部芸術学科のご出身です。
そういうこともあってご交流もあるようです。

講義中、時折受講生の方たちが笑われたり頷かれたりするのが嬉しくて(皆さんの反応を見るために一番後ろの席を陣取りました…笑)。
知っているようで深くは知られていないお二方の素晴らしさは皆さんに充分伝わったようでと~っても嬉しい2時間でした。

西村先生、ありがとうございました。

次回は【岡田茉莉子と吉田喜重】です。
頑張って行ってきます。
スポンサーサイト

「Elegant Elegies : The Films Of Masahiro Shinoda」

監督引退を表明していた巨匠・篠田正浩監督が、ニューヨーク映画祭に登壇!

http://www.cinematoday.jp/page/N0027203


今、ニューヨーク映画祭で篠田さんの作品12作品が上映中。

篠田さんも渡米されてたようです。

昨夜は山代温泉で講演。

相変わらずタフな篠田さんです。

ニューヨークでの評判など知りたいところですが超がつくほど英語の苦手な私
膨大な英文に眩暈・・・。
自動翻訳しても訳わかんないし。。。嗚呼。

昨日の講演の様子も知りたいな~。

福岡でも篠田さんの特集組まれないかな~(シネラとか。)。

志麻さんと津川さん

志麻さんと津川さん


雨があがったと同時に凄い猛暑ですわ

すでに夏バテに突入しそうです。

この度の豪雨で被害に遭われた方のお見舞いを申し上げます。

うちも避難勧告が出たりしましたが事なきを得ました。
(NHKで避難勧告地域のテロップが出た時はビックリしました。)

さて、昨日の「ザ☆スター」

お客様の中に志麻さんのお姿が見えなかったのでガッカリしていたところ、さすが志麻さま。。。花束を持って登場

大昔から共演は多いし、グランパパだし仲はいいんだろうと思っていましたがあれほど仲がおよろしいとは。。。

何かある意味ショックでした。

朝丘さんの冷めた目も怖かったな~
(必要以上にカメラ朝丘さんを映し過ぎじゃない?)

でも、お二方の共演は見たいかも。

志麻さんの登場時間は10分にも満たないものでした

いつか志麻さんご自身の「ザ☆スター」が拝見したいです。

うわ~ん、惜しい。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

以前、日記で篠田さんのご著書「河原者ノススメ 死穢と修羅の記憶」

映像化される!!

と書きましたがその後どうなったのかと検索していたら何と!記事が消えてました

いったい、どうなったの???

立ち消えちゃったのかな~。

どなたかご存知の方がありましたらお教えください<(_ _)>

で、その時【第13回 桑原武夫学芸賞】というサイトに辿り着きました。

受賞作は坪内稔典著「モーロク俳句ますます盛ん―俳句百年の遊び」だったのですが、選考委員の選評に

“論議の挙句、受賞は一冊になったが、篠田正浩『河原者ノススメ』(幻戯書房)、森まゆみ『女三人のシベリア鉄道』(集英社)もさいごまで残った。映画製作を生業としてきた人がみずからの命の根源に掘りつづけた鉱脈を飽くことなく語る一冊。”(杉本秀太郎)

“なお選にはもれたが、篠田正浩さんの『河原者ノススメ』、森まゆみさんの『女三人のシベリア鉄道』も、受賞作と甲乙つけがたい力作だった。”(山田慶兒) 


とありビックリとしたと同時に残念な思いでいっぱいになりました。
う~ん、残念。


読売新聞(東京本社版)夕刊(6月15日付)では篠田さんが

“宗教に伴う禁忌を背負った芸能者は、常民と差別されていた。そこから日本の芸能史を考察した『河原者ノススメ』(幻戯書房)を昨年、出版しました。映画監督を50年やりましたが、これを書くために、映画を撮ってきたのではないかと思います。”

と思いを載せているそうですね。
その記事、読みたかったです。

河原者ノススメ―死穢と修羅の記憶河原者ノススメ―死穢と修羅の記憶
(2009/11)
篠田 正浩

商品詳細を見る

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

フリーエリア

読書カレンダーBLACK

Powered By 読書カレンダー

プロフィール

篠田正浩監督と岩下志麻さんの大ファンです。 ほかにも藤田まことさん、中村嘉葎雄さん、田村高廣さん、近藤正臣さん、片岡愛之助さん、津嘉山正種さん、セバスチャン・コッホ、パトリック・デンプシー、レニー・ゼルウィガー、カトリーヌ・フロが好きです☆ミ
趣味:映画・演劇鑑賞、読書、美術館巡り、国内旅行
好きなキャラ:ばいきんまん、ニャンちゅう、ダヤン、みかん、わるもの、しばわんこ
好きなマンガ(絵本):タッチ、みかん絵日記、ルドルフとイッパイアッテナ
好きな映画: 『あかね雲』『心中天網島』(篠田正浩監督作品) 『魔の刻』『別れぬ理由』(降旗康男監督作品) 『必殺!III 裏か表か』(工藤栄一監督作品) 『午後の遺言状』(新藤兼人監督作品) 『泥の河』(小栗康平監督作品) 『早春物語』(澤井信一郎監督作品) 『異人たちとの夏』(大林宣彦監督作品)『善き人のためのソナタ』
好きな歌手:YMO、細野晴臣、高橋幸宏、鈴木慶一、ムーンライダーズ、サディスティック・ミカ・バンド、ビートニクス、はっぴいえんど、はちみつぱい、やしきたかじん 好きなサウンドトラック:『善き人のためのソナタ』『ラスト、コーション』『ダージリン急行』『出口のない海』『最後の初恋』『座頭市』『転々』

栃麺坊

Author:栃麺坊
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の出来事 (4)
雑記・ひとりごと (10)
篠田さん・志麻さん情報 (45)
藤田まこと (3)
本・雑誌 (3)
ドラマ (1)
歌舞伎・舞台 (7)
篠田さん・志麻さんのこと (4)
映画 (3)
素敵な男性(ひと) (3)
お気に入り (2)
訃報 (2)
展覧会・講演会・イベント・講座 (8)

FC2カウンター

くろックCute DC01

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
47920位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11415位
アクセスランキングを見る>>

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。